新古今和歌集210番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集210番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集210番の情報

歌番号210
詞書後徳大寺左大臣家に十首哥よみ侍けるによみてつかはしける
作者|歌人皇太后宮大夫俊成
和歌わか心いかにせよとてほとゝきす雲まの月のかけになくらん
読み仮名
ふりがな
わかこころ-いかにせよとて-ほとときす-くもまのつきの-かけになくらむ
分割わかこころ
いかにせよとて
ほとときす
くもまのつきの
かけになくらむ
ローマ字読み
大文字
WAKAKOKORO-IKANISEYOTOTE-HOTOTOKISU-KUMOMANOTSUKINO-KAKENINAKURAMU
ローマ字読み
小文字
wakakokoro-ikaniseyotote-hototokisu-kumomanotsukino-kakeninakuramu
巻数巻第三|夏歌
タイトルとURLをコピーしました