新古今和歌集877番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集877番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集877番の情報

歌番号877
詞書みこの宮と申ける時大宰大弐実政学士にて侍ける甲斐守にてくたり侍けるに餞たまはすとて
作者|歌人後三条院御哥
和歌思いてはおなしそらとは月をみよほとは雲井にめくりあふまて
読み仮名
ふりがな
おもひいてて-おなしそらとは-つきをみよ-ほとはくもゐに-めくりあふまて
分割おもひいてて
おなしそらとは
つきをみよ
ほとはくもゐに
めくりあふまて
ローマ字読み
大文字
OMOHIITETE-ONASHISORATOHA-TSUKIOMIYO-HOTOHAKUMOINI-MEKURIAFUMATE
ローマ字読み
小文字
omohiitete-onashisoratoha-tsukiomiyo-hotohakumoini-mekuriafumate
巻数巻第九|離別歌
タイトルとURLをコピーしました