新古今和歌集212番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集212番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集212番の情報

歌番号212
詞書
作者|歌人権中納言親宗
和歌ありあけの月はまたぬにいてぬれとなを山ふかきほとゝきすかな
読み仮名
ふりがな
ありあけの-つきはまたぬに-いてぬれと-なほやまふかき-ほとときすかな
分割ありあけの
つきはまたぬに
いてぬれと
なほやまふかき
ほとときすかな
ローマ字読み
大文字
ARIAKENO-TSUKIHAMATANUNI-ITENURETO-NAHOYAMAFUKAKI-HOTOTOKISUKANA
ローマ字読み
小文字
ariakeno-tsukihamatanuni-itenureto-nahoyamafukaki-hototokisukana
巻数巻第三|夏歌
タイトルとURLをコピーしました