清輔朝臣

巻第十八|雑歌 下

新古今和歌集1843番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1843番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1843番の情報歌番号1843詞書-作者|歌人清輔朝臣和歌なからへは又このころやしのはれんうしと見しよそ今はこひしき読み仮名ふりがななからへは-またこのころや-しのはれむ-う...
巻第十二|恋歌 二

新古今和歌集1093番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1093番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1093番の情報歌番号1093詞書忍恋の心を作者|歌人清輔朝臣和歌人しれすくるしき物はしのふ山したはふくすのうらみなりけり読み仮名ふりがなひとしれす-くるしきものは-しのふや...
巻第八|哀傷歌

新古今和歌集830番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集830番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集830番の情報歌番号830詞書母のおもひに侍けるころ又なくなりにける人のあたりよりとひて侍けれはつかはしける作者|歌人清輔朝臣和歌世中は見しもきゝしもはかなくてむなしきそらのけ...
巻第七|賀歌

新古今和歌集743番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集743番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集743番の情報歌番号743詞書嘉応元年入道前関白太政大臣宇治にて河水久澄といふ事を人々によませ侍けるに作者|歌人清輔朝臣和歌としへたるうちのはしもりことゝはんいくよになりぬ水の...
巻第七|賀歌

新古今和歌集744番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集744番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集744番の情報歌番号744詞書日吉祢宜成仲七十賀し侍けるにつかはしける作者|歌人清輔朝臣和歌なゝそちにみつのはまゝつおいぬれとちよのゝこりは猶そはるけき読み仮名ふりがなななそち...
巻第六|冬歌

新古今和歌集558番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集558番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集558番の情報歌番号558詞書題しらす作者|歌人清輔朝臣和歌をのつからをとする物は庭のおもにこの葉ふきまく谷のゆふ風読み仮名ふりがなおのつから-おとするものは-にはのおもに-こ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集572番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集572番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集572番の情報歌番号572詞書-作者|歌人清輔朝臣和歌しはのとにいり日のかけはさしなからいかにしくるゝ山辺なるらん読み仮名ふりがなしはのとに-いりひのかけは-さしなから-いかに...
巻第六|冬歌

新古今和歌集607番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集607番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集607番の情報歌番号607詞書-作者|歌人清輔朝臣和歌冬かれのもりのくち葉の霜のうへにおちたる月のかけのさむけさ読み仮名ふりがなふゆかれの-もりのくちはの-しものうへに-おちた...
巻第六|冬歌

新古今和歌集616番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集616番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集616番の情報歌番号616詞書崇徳院御時百首哥たてまつりけるに作者|歌人清輔朝臣和歌君こすはひとりやねなんさゝの葉のみ山もそよにさやく霜よを読み仮名ふりがなきみこすは-ひとりや...
巻第四|秋歌 上

新古今和歌集340番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集340番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集340番の情報歌番号340詞書崇徳院に百首哥たてまつりける時作者|歌人清輔朝臣和歌うすきりのまかきの花のあさしめり秋はゆふへとたれかいひけん読み仮名ふりがなうすきりの-まかきの...
タイトルとURLをコピーしました