新古今和歌集982番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集982番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集982番の情報

歌番号982
詞書詩を哥にあはせ侍しに山路秋行といへることを
作者|歌人定家朝臣
和歌都にもいまや衣をうつの山夕霜はらふつたのしたみち
読み仮名
ふりがな
みやこにも-いまやころもを-うつのやま-ゆふしもはらふ-つたのしたみち
分割みやこにも
いまやころもを
うつのやま
ゆふしもはらふ
つたのしたみち
ローマ字読み
大文字
MIYAKONIMO-IMAYAKOROMO-UTSUNOYAMA-YUFUSHIMOHARAFU-TSUTANOSHITAMICHI
ローマ字読み
小文字
miyakonimo-imayakoromo-utsunoyama-yufushimoharafu-tsutanoshitamichi
巻数巻第十|羈旅歌
タイトルとURLをコピーしました