新古今和歌集930番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集930番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集930番の情報

歌番号930
詞書みちのくにゝ侍りけるころ八月十五夜に京をおもひいてゝ大宮の女房のもとにつかはしける
作者|歌人橘為仲朝臣
和歌見し人もとふの浦風をとせぬにつれなくすめる秋のよの月
読み仮名
ふりがな
みしひとも-とふのうらかせ-おとせぬに-つれなくすめる-あきのよのつき
分割みしひとも
とふのうらかせ
おとせぬに
つれなくすめる
あきのよのつき
ローマ字読み
大文字
MISHIHITOMO-TOFUNORAKASE-OTOSENUNI-TSURENAKUSUMERU-AKINOYONOTSUKI
ローマ字読み
小文字
mishihitomo-tofunorakase-otosenuni-tsurenakusumeru-akinoyonotsuki
巻数巻第十|羈旅歌
タイトルとURLをコピーしました