新古今和歌集784番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集784番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集784番の情報

歌番号784
詞書従一位源師子かくれ侍りて宇治より新少将かもとにつかはしける
作者|歌人知足院入道前関白太政大臣
和歌袖ぬらす萩のうはゝのつゆはかりむかしわすれぬむしのねそする
読み仮名
ふりがな
そてぬらす-はきのうははの-つゆはかり-むかしわすれぬ-むしのねそする
分割そてぬらす
はきのうははの
つゆはかり
むかしわすれぬ
むしのねそする
ローマ字読み
大文字
SOTENURASU-HAKINOHAHANO-TSUYUHAKARI-MUKASHIWASURENU-MUSHINONESOSURU
ローマ字読み
小文字
sotenurasu-hakinohahano-tsuyuhakari-mukashiwasurenu-mushinonesosuru
巻数巻第八|哀傷歌
タイトルとURLをコピーしました