新古今和歌集383番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集383番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集383番の情報

歌番号383
詞書雲間微月といふ事を
作者|歌人堀河院御哥
和歌しきしまやたかまと山のくもまより光さしそふゆみはりの月
読み仮名
ふりがな
しきしまや-たかまとやまの-くもまより-ひかりさしそふ-ゆみはりのつき
分割しきしまや
たかまとやまの
くもまより
ひかりさしそふ
ゆみはりのつき
ローマ字読み
大文字
SHIKISHIMAYA-TAKAMATOYAMANO-KUMOMAYORI-HIKARISASHISOFU-YUMIHARINOTSUKI
ローマ字読み
小文字
shikishimaya-takamatoyamano-kumomayori-hikarisashisofu-yumiharinotsuki
巻数巻第四|秋歌 上
タイトルとURLをコピーしました