新古今和歌集302番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集302番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集302番の情報

歌番号302
詞書中納言中将に侍りける時家に山家早秋といへる心をよませ侍りけるに
作者|歌人法性寺入道前関白太政大臣
和歌あさきりやたつたの山のさとならて秋きにけりとたれかしらまし
読み仮名
ふりがな
あさきりや-たつたのやまの-さとならて-あききにけりと-たれかしらまし
分割あさきりや
たつたのやまの
さとならて
あききにけりと
たれかしらまし
ローマ字読み
大文字
ASAKIRIYA-TATSUTANOYAMANO-SATONARATE-AKIKINIKERITO-TAREKASHIRAMASHI
ローマ字読み
小文字
asakiriya-tatsutanoyamano-satonarate-akikinikerito-tarekashiramashi
巻数巻第四|秋歌 上
タイトルとURLをコピーしました