新古今和歌集288番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集288番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集288番の情報

歌番号288
詞書文治六年女御入内屏風に
作者|歌人後徳大寺左大臣
和歌いつもきくふもとのさとゝおもへともきのふにかはる山おろしの風
読み仮名
ふりがな
いつもきく-ふもとのさとと-おもへとも-きのふにかはる-やまおろしのかせ
分割いつもきく
ふもとのさとと
おもへとも
きのふにかはる
やまおろしのかせ
ローマ字読み
大文字
ITSUMOKIKU-FUMOTONOSATOTO-OMOHETOMO-KINOFUNIKAHARU-YAMAOROSHINOKASE
ローマ字読み
小文字
itsumokiku-fumotonosatoto-omohetomo-kinofunikaharu-yamaoroshinokase
巻数巻第四|秋歌 上
タイトルとURLをコピーしました