新古今和歌集1662番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1662番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集1662番の情報

歌番号1662
詞書みやこをいてゝひさしく修行し侍けるにとふき人のへとはす侍けれはくまのよりつかはしける
作者|歌人大僧正行尊
和歌わくらはになとかは人のとはさらんをとなし河にすむ身なりとも
読み仮名
ふりがな
わくらはに-なとかはひとの-とはさらむ-おとなしかはに-すむみなりとも
分割わくらはに
なとかはひとの
とはさらむ
おとなしかはに
すむみなりとも
ローマ字読み
大文字
WAKURAHANI-NATOKAHAHITONO-TOHASARAMU-OTONASHIKAHANI-SUMUMINARITOMO
ローマ字読み
小文字
wakurahani-natokahahitono-tohasaramu-otonashikahani-sumuminaritomo
巻数巻第十七|雑歌 中
タイトルとURLをコピーしました