新古今和歌集1602番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1602番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集1602番の情報

歌番号1602
詞書明石浦をよめる
作者|歌人俊頼朝臣
和歌あまを舟とまふきかへす浦風にひとりあかしの月をこそ見れ
読み仮名
ふりがな
あまをふね-とまふきかへす-うらかせに-ひとりあかしの-つきをこそみれ
分割あまをふね
とまふきかへす
うらかせに
ひとりあかしの
つきをこそみれ
ローマ字読み
大文字
AMAOFUNE-TOMAFUKIKAHESU-URAKASENI-HITORIAKASHINO-TSUKIOKOSOMIRE
ローマ字読み
小文字
amaofune-tomafukikahesu-urakaseni-hitoriakashino-tsukiokosomire
巻数巻第十七|雑歌 中
タイトルとURLをコピーしました