新古今和歌集1485番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1485番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集1485番の情報

歌番号1485
詞書四月祭の日まて花ちりのこりて侍けるとしその花を使少将のかさしにたまふ葉にかきつけ侍ける
作者|歌人紫式部
和歌神世にはありもやしけんさくら花けふのかさしにおれるためしは
読み仮名
ふりがな
かみよには-ありもやしけむ-さくらはな-けふのかさしに-をれるためしは
分割かみよには
ありもやしけむ
さくらはな
けふのかさしに
をれるためしは
ローマ字読み
大文字
KAMIYONIHA-ARIMOYASHIKEMU-SAKURAHANA-KEFUNOKASASHINI-ORERUTAMESHIHA
ローマ字読み
小文字
kamiyoniha-arimoyashikemu-sakurahana-kefunokasashini-orerutameshiha
巻数巻第十六|雑歌 上
タイトルとURLをコピーしました