新古今和歌集1571番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1571番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集1571番の情報

歌番号1571
詞書頼綱朝臣つのくにのはつかといふ所に侍りける時つかはしける
作者|歌人前中納言匡房
和歌秋はつるはつかの山のさひしきに在あけの月をたれとみるらん
読み仮名
ふりがな
あきはつる-はつかのやまの-さひしきに-ありあけのつきを-たれとみるらむ
分割あきはつる
はつかのやまの
さひしきに
ありあけのつきを
たれとみるらむ
ローマ字読み
大文字
AKIHATSURU-HATSUKANOYAMANO-SAHISHIKINI-ARIAKENOTSUKIO-TARETOMIRURAMU
ローマ字読み
小文字
akihatsuru-hatsukanoyamano-sahishikini-ariakenotsukio-taretomiruramu
巻数巻第十六|雑歌 上
タイトルとURLをコピーしました