新古今和歌集1062番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1062番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集1062番の情報

歌番号1062
詞書女のすきのみをつゝみてをこせて侍けれは
作者|歌人実方朝臣
和歌たれそこのみわのひはらもしらなくに心のすきのわれをたつぬる
読み仮名
ふりがな
たれそこの-みわのひはらも-しらなくに-こころのすきの-われをたつぬる
分割たれそこの
みわのひはらも
しらなくに
こころのすきの
われをたつぬる
ローマ字読み
大文字
TARESOKONO-MIWANOHIHARAMO-SHIRANAKUNI-KOKORONOSUKINO-WAREOTATSUNURU
ローマ字読み
小文字
taresokono-miwanohiharamo-shiranakuni-kokoronosukino-wareotatsunuru
巻数巻第十一|恋歌 一
タイトルとURLをコピーしました