道命法師

巻第十七|雑歌 中

新古今和歌集1639番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1639番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1639番の情報歌番号1639詞書山てらに侍りけるころ作者|歌人道命法師和歌世をそむくところとかきくおく山はものおもひにそいるへかりける読み仮名ふりがなよをそむく-ところとか...
巻第十七|雑歌 中

新古今和歌集1645番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1645番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1645番の情報歌番号1645詞書法輪寺にすみ侍けるに人のまうてきてくれぬとていそき侍けれは作者|歌人道命法師和歌いつとなきをくらの山のかけをみてくれぬと人のいそくなる哉読み...
巻第九|離別歌

新古今和歌集872番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集872番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集872番の情報歌番号872詞書修行にいてたつとて人のもとにつかはしける作者|歌人道命法師和歌わかれちはこれやかきりのたひならんさらにいくへき心ちこそせね読み仮名ふりがなわかれち...
巻第一|春歌 上

新古今和歌集90番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集90番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集90番の情報歌番号90詞書やへさくらをおりて人のつかはして侍けれは作者|歌人道命法師和歌白雲のたつたの山のやへ桜いつれを花とわきておりけん読み仮名ふりがなしらくもの-たつたのやま...
タイトルとURLをコピーしました