好忠

巻第十一|恋歌 一

新古今和歌集1071番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1071番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1071番の情報歌番号1071詞書-作者|歌人好忠和歌ゆらのとをわたるふな人かちをたえゆくゑもしらぬ恋のみちかも読み仮名ふりがなゆらのとを-わたるふなひと-かちをたえ-ゆくへ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集619番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集619番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集619番の情報歌番号619詞書題しらす作者|歌人好忠和歌くさのうへにこゝら玉ゐし白露をした葉の霜とむすふ冬かな読み仮名ふりがなくさのうへに-ここらたまゐし-しらつゆを-したはの...
巻第三|夏歌

新古今和歌集187番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集187番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集187番の情報歌番号187詞書-作者|歌人好忠和歌かりにくとうらみし人のたえにしをくさ葉につけてしのふころかな読み仮名ふりがなかりにくと-うらみしひとの-たえにしを-くさはにつ...
タイトルとURLをコピーしました