新古今和歌集896番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集896番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集896番の情報

歌番号896
詞書和銅三年三月ふちはらの宮よりならの宮にうつりたまひける時
作者|歌人元明天皇御哥
和歌とふとりのあすかのさとをゝきていなは君かあたりはみえすかもあらん
読み仮名
ふりがな
とふとりの-あすかのさとを-おきていなは-きみかあたりは-みえすかもあらむ
分割とふとりの
あすかのさとを
おきていなは
きみかあたりは
みえすかもあらむ
ローマ字読み
大文字
TOFUTORINO-ASUKANOSATO-OKITEINAHA-KIMIKAATARIHA-MIESUKAMOARAMU
ローマ字読み
小文字
tofutorino-asukanosato-okiteinaha-kimikaatariha-miesukamoaramu
巻数巻第十|羈旅歌
タイトルとURLをコピーしました