新古今和歌集356番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集356番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集356番の情報

歌番号356
詞書百首哥たてまつりし時
作者|歌人摂政太政大臣
和歌おきの葉にふけはあらしの秋なるをまちけるよはのさを鹿の声
読み仮名
ふりがな
をきのはに-ふけはあらしの-あきなるを-まちけるよはの-さをしかのこゑ
分割をきのはに
ふけはあらしの
あきなるを
まちけるよはの
さをしかのこゑ
ローマ字読み
大文字
OKINOHANI-FUKEHAARASHINO-AKINARUO-MACHIKERUYOHANO-SAOSHIKANOKOE
ローマ字読み
小文字
okinohani-fukehaarashino-akinaruo-machikeruyohano-saoshikanokoe
巻数巻第四|秋歌 上
タイトルとURLをコピーしました