新古今和歌集328番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集328番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集328番の情報

歌番号328
詞書堀河院御時百首哥中にはきをよみ侍ける
作者|歌人前中納言匡房
和歌河水に鹿のしからみかけてけりうきてなかれぬ秋はきの花
読み仮名
ふりがな
かはみつに-しかのしからみ-かけてけり-うきてなかれぬ-あきはきのはな
分割かはみつに
しかのしからみ
かけてけり
うきてなかれぬ
あきはきのはな
ローマ字読み
大文字
KAHAMITSUNI-SHIKANOSHIKARAMI-KAKETEKERI-UKITENAKARENU-AKIHAKINOHANA
ローマ字読み
小文字
kahamitsuni-shikanoshikarami-kaketekeri-ukitenakarenu-akihakinohana
巻数巻第四|秋歌 上
タイトルとURLをコピーしました