新古今和歌集307番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集307番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集307番の情報

歌番号307
詞書題をさくりてこれかれ哥よみけるにしのたのもりの秋風をよめる
作者|歌人藤原経衡
和歌日をへつゝをとこそまされいつみなるしのたのもりのちえの秋風
読み仮名
ふりがな
ひをへつつ-おとこそまされ-いつみなる-しのたのもりの-ちえのあきかせ
分割ひをへつつ
おとこそまされ
いつみなる
しのたのもりの
ちえのあきかせ
ローマ字読み
大文字
HIOHETSUTSU-OTOKOSOMASARE-ITSUMINARU-SHINOTANOMORINO-CHIENOAKIKASE
ローマ字読み
小文字
hiohetsutsu-otokosomasare-itsuminaru-shinotanomorino-chienoakikase
巻数巻第四|秋歌 上
タイトルとURLをコピーしました