新古今和歌集1799番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1799番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集1799番の情報

歌番号1799
詞書後冷泉院御時大嘗会にひかけのくみをして実基朝臣のもとにつかはすとて先帝御時おもひいてゝそへていひつかはしける
作者|歌人加賀朝臣
和歌たちなからきてたに見せよをみ衣あかぬむかしの忘かたみに
読み仮名
ふりがな
たちなから-きてたにみせよ-をみころも-あかぬむかしの-わすれかたみに
分割たちなから
きてたにみせよ
をみころも
あかぬむかしの
わすれかたみに
ローマ字読み
大文字
TACHINAKARA-KITETANIMISEYO-OMIKOROMO-AKANUMUKASHINO-WASUREKATAMINI
ローマ字読み
小文字
tachinakara-kitetanimiseyo-omikoromo-akanumukashino-wasurekatamini
巻数巻第十八|雑歌 下
タイトルとURLをコピーしました