新古今和歌集1727番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1727番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集1727番の情報

歌番号1727
詞書上東門院高陽院におはしましけるに行幸侍りてせきいれたる瀧を御覧して
作者|歌人後朱雀院御哥
和歌瀧つせに人の心を見ることはむかしにいまもかはらさりけり
読み仮名
ふりがな
たきつせに-ひとのこころを-みることは-むかしにいまも-かはらさりけり
分割たきつせに
ひとのこころを
みることは
むかしにいまも
かはらさりけり
ローマ字読み
大文字
TAKITSUSENI-HITONOKOKORO-MIRUKOTOHA-MUKASHINIIMAMO-KAHARASARIKERI
ローマ字読み
小文字
takitsuseni-hitonokokoro-mirukotoha-mukashiniimamo-kaharasarikeri
巻数巻第十八|雑歌 下
タイトルとURLをコピーしました