新古今和歌集1714番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1714番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集1714番の情報

歌番号1714
詞書上東門院出家のゝちこかねの装束したる沈のすゝしろかねのはこにいれてむめのえたにつけてたてまつられける
作者|歌人枇杷皇太后宮
和歌かはるらん衣のいろをおもひやるなみたやうらの玉にまかはん
読み仮名
ふりがな
かはるらむ-ころものいろを-おもひやる-なみたやうらの-たまにまかはむ
分割かはるらむ
ころものいろを
おもひやる
なみたやうらの
たまにまかはむ
ローマ字読み
大文字
KAHARURAMU-KOROMONOIRO-OMOHIYARU-NAMITAYAURANO-TAMANIMAKAHAMU
ローマ字読み
小文字
kaharuramu-koromonoiro-omohiyaru-namitayaurano-tamanimakahamu
巻数巻第十八|雑歌 下
タイトルとURLをコピーしました