新古今和歌集153番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集153番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集153番の情報

歌番号153
詞書雲林院のさくら見にまかりけるにみなちりはてゝわつかにかたえたにのこりて侍けれは
作者|歌人良暹法師
和歌たつねつるはなもわか身もおとろへてのちの春ともえこそちきらね
読み仮名
ふりがな
たつねつる-はなもわかみも-おとろへて-のちのはるとも-えこそちきらね
分割たつねつる
はなもわかみも
おとろへて
のちのはるとも
えこそちきらね
ローマ字読み
大文字
TATSUNETSURU-HANAMOWAKAMIMO-OTOROHETE-NOCHINOHARUTOMO-EKOSOCHIKIRANE
ローマ字読み
小文字
tatsunetsuru-hanamowakamimo-otorohete-nochinoharutomo-ekosochikirane
巻数巻第二|春歌 下
タイトルとURLをコピーしました