新古今和歌集1455番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1455番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集1455番の情報

歌番号1455
詞書近衛つかさにてとしひさしくなりてのちうへのをのことも大内の花見にまかれりけるによめる
作者|歌人藤原定家朝臣
和歌春をへてみゆきになるゝ花のかけふりゆく身をもあはれとや思
読み仮名
ふりがな
はるをへて-みゆきになるる-はなのかけ-ふりゆくみをも-あはれとやおもふ
分割はるをへて
みゆきになるる
はなのかけ
ふりゆくみをも
あはれとやおもふ
ローマ字読み
大文字
HARUOHETE-MIYUKININARURU-HANANOKAKE-FURIYUKUMIOMO-AHARETOYAOMOFU
ローマ字読み
小文字
haruohete-miyukininaruru-hananokake-furiyukumiomo-aharetoyaomofu
巻数巻第十六|雑歌 上
タイトルとURLをコピーしました