新古今和歌集1400番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1400番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集1400番の情報

歌番号1400
詞書忠盛朝臣かれ/\になりてのちいかゝおもひけんひさしくをとつれぬ事をうらめしくやなといひて侍けれは返事に
作者|歌人前中納言教盛母
和歌ならはねは人のとはぬもつらからてくやしきにこそ袖はぬれけれ
読み仮名
ふりがな
ならはねは-ひとのとはぬも-つらからて-くやしきにこそ-そてはぬれけれ
分割ならはねは
ひとのとはぬも
つらからて
くやしきにこそ
そてはぬれけれ
ローマ字読み
大文字
NARAHANEHA-HITONOTOHANUMO-TSURAKARATE-KUYASHIKINIKOSO-SOTEHANUREKERE
ローマ字読み
小文字
narahaneha-hitonotohanumo-tsurakarate-kuyashikinikoso-sotehanurekere
巻数巻第十五|恋歌 五
タイトルとURLをコピーしました