新古今和歌集1397番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1397番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集1397番の情報

歌番号1397
詞書むかし見ける人かものまつりのしたいしにいてたちてなんまかりわたるといひて侍けれは
作者|歌人馬内侍
和歌きみしまれみちのゆきゝをさたむらんすきにし人をかつ忘つゝ
読み仮名
ふりがな
きみしまれ-みちのゆききを-さたむらむ-すきにしひとを-かつわすれつつ
分割きみしまれ
みちのゆききを
さたむらむ
すきにしひとを
かつわすれつつ
ローマ字読み
大文字
KIMISHIMARE-MICHINOYUKIKIO-SATAMURAMU-SUKINISHIHITO-KATSUWASURETSUTSU
ローマ字読み
小文字
kimishimare-michinoyukikio-satamuramu-sukinishihito-katsuwasuretsutsu
巻数巻第十五|恋歌 五
タイトルとURLをコピーしました