新古今和歌集1005番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1005番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集1005番の情報

歌番号1005
詞書つれなく侍ける女にしはすのつこもりにつかはしける
作者|歌人謙徳公
和歌あらたまのとしにまかせて見るよりはわれこそこえめあふさかの関
読み仮名
ふりがな
あらたまの-としにまかせて-みるよりは-われこそこえめ-あふさかのせき
分割あらたまの
としにまかせて
みるよりは
われこそこえめ
あふさかのせき
ローマ字読み
大文字
ARATAMANO-TOSHINIMAKASETE-MIRUYORIHA-WAREKOSOKOEME-AFUSAKANOSEKI
ローマ字読み
小文字
aratamano-toshinimakasete-miruyoriha-warekosokoeme-afusakanoseki
巻数巻第十一|恋歌 一
タイトルとURLをコピーしました